トップ > 高齢者 不眠 > 高齢者 不眠=

高齢者 不眠

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

一般に、高齢になるにしたがって、不眠を自覚することが多くなります。

特に、朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」や、

夜中に目が覚めてしまいそれから眠れなくなる「中途覚醒」が多くみられます。

そのため、高齢になるほど睡眠薬を飲んでいる人の割合も高くなります。

 

一方、睡眠薬には様々な種類があり、副作用もあるので、

自分の眠りの状態に合った薬なのか、

薬の量が自分の体に合っているかどうかが大変重要になってきます。

また、睡眠は生活習慣によって大きな影響を受けるので、

生活自体の見直しも重要になってきます。

 

睡眠薬は、うつ症状を引き起こすことがあります。

また、うつ病の治療のために一時的に睡眠薬を使うことがありますが、

逆に不安を引き起こすこともあります。 

 

高齢者における睡眠薬の副作用として問題になるのは、

薬が効いている時間に排泄に行きたくなって歩き出したり、

朝になっても薬の効果が残っていて、眠気のためにふらついたり転倒したりすることです。

そのため、高齢になるほど睡眠薬の服用は慎重にすべきなのです。

ですから、どの時間帯に眠れないのか、

どんなふうに生活しているのかなどを十分に伝えて、

処方してもらうことが必要です

 

……この記事の全文をみる
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕


高齢者 不眠

≪ 不眠 外来 | トップページ

*****【不眠解消情報局】コンテンツ抜粋*****
●不眠を解消する安眠アロマについて。・・・    ●不眠の原因によってはカウンセリングによってスッキリと眠れることがあります。・・・    ●不眠対策になるサプリメントについて。・・・    ●不眠はとてもつらい症状です。それによい快眠のツボというのがあります。・・・    ●不眠解消によいとされるハーブにはラベンダーなどがありますが、ほかにもいくつかのハーブが不眠におすすめです。・・・    ●不眠の中でも中途覚醒という睡眠障害があります。・・・    ・・・    ●不眠によい市販薬といっても市販の睡眠薬はあまり売られていません。・・・    ●不眠と幻覚について。・・・    ●不眠の治療や解消のため、心療内科という選択肢もあります。・・・    ●不眠を解消する食べ物について。・・・    ●不眠度チェックシートにはいく種類かありますが世界標準の不眠度チェックシートというのがあります。・・・    ●不眠治療に用いられるCDがあります。・・・    ●不眠解消に用いられる漢方薬について。・・・    ●不眠治療のために病院へ行くことは今ではあたりまえのことになりつつあります。・・・    ●不眠治療によって糖尿病が改善することがあります。・・・    ●不眠=睡眠障害にはさまざまな症状があります。動悸や胸が苦しいといった症状もそのひとつです。・・・    ●妊娠初期に「眠くてしかたなかった」という声もある一方、不眠で悩むケースは少なくありません。・・・    ●妊娠後期の不眠の悩みは多くの方が経験します。・・・    ●子供の不眠は親も子供もつらいものです。・・・    ●更年期障害の時期に不眠の症状を訴える方がいます。・・・    ●生理前や生理中の不眠を訴える方は少なくありません。・・・    ●白ゴマ油が不眠によい…とテレビで紹介されて注目されました。・・・    ●禁煙によって不眠になるケースがあります。・・・    ●統合失調症にはさまざまな症状がありますが、不眠が続くこともあります。・・・    ●花粉症はすでに国民病のようになっていますが、花粉症が原因の不眠もあります。・・・    ●認知症の症状として不眠(睡眠障害)が生じることがあります。・・・    ●不眠症に効くと言われる足つぼについて。・・・    ●顎関節症が原因で不眠になるケースがあります。・・・    ・・・   
IT用語