不眠解消情報局:トップ > 花粉症 不眠
花粉症はすでに国民病のようになっていますが、花粉症が原因の不眠もあります。
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

花粉症 不眠

ある大手製薬会社が行った、花粉症と眠りに関する調査の結果によると、

花粉症の時期に最もつらいと感じるときは?との質問には

睡眠中とその前後の悩みを持つ人が、過半数の52%もいました。

特に男性の32%は、睡眠中が最もつらいと答えています。

今や日本人の4人に1人は花粉症ですから、

花粉症の時期は睡眠障害が急増していることが分かりました。

 

鼻がつまって一番困ることは?(複数回答可)との質問には

84%が睡眠で71%が呼吸でした。

息のしにくさよりも、眠れないことが一番困ることだったとは。

さらに睡眠は、仕事や勉強、食事の倍も困る人がいるわけですから、

大変な問題ですね。

ちなみに、花粉症の時期にいびきが増えると感じる人は、64%もいました。

 

花粉症による睡眠障害は?との質問には

花粉症の人の9割近くが、花粉症時期はそうでない時期と比べて寝つきが悪くなる、

あるいは眠りが浅くなる、と感じています。

どのくらい睡眠が障害されているかというと、花粉症時期の平均睡眠時間は、

そうでない時期に比べて、1.2時間も短くなることが分かりました。

 

そして花粉症悪化の原因は?との質問には

ここでも、睡眠が第1位です。上の結果をあわせて考えると、

花粉症 → 睡眠障害 → 睡眠不足 → 花粉症の悪化という、

負のスパイラルがあるようです。どこかでこの悪循環を断ち切らないと、

そのうち仕事や日常生活で事故を起こす危険性があります。

 

では対策に関してですが、

市販の薬は簡単に買えるところが良いのですが、効果や副作用の点では、

病院で処方される薬に劣ります。

しかし市販の内服薬の副作用である眠気を利用して、寝つきを良くする方法もあります。

また詰まった鼻腔を広げるための鼻拡張テープや鼻スティック、

さらに効果が期待できるアロマやお香に、人気があるようです。

それから、睡眠中もマスクをしたり、部屋の湿度を上げて花粉を落としたりして、

鼻に入る花粉を減らすのも良さそうですね。

 

来年の花粉は多いとの噂も・・・

春の眠りを確保するための、戦いがまた始まります。

自分なりのよい方法を見つけられるといいのですが・・・

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語