不眠解消情報局:トップ > 更年期障害 不眠
更年期障害の時期に不眠の症状を訴える方がいます。
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

更年期障害 不眠

高齢の女性の中で眠りに対して不満を持っている方は意外と多いのが現状です。

女性が睡眠に対して多くの不満を持ちはじめる時期と更年期が一致していることから、

ホルモンの分泌が関係しているという説が一般的です。


更年期になると、卵巣からのホルモンの分泌が低下するため

夜間のほてりや発汗などが生じ、このことが原因で夜眠れないようになるというわけです。

とくに、中途覚醒が増えます。また、高齢になると、卵巣の老化の影響により、

早期覚醒や浅い眠りが多くなる傾向があります。

このような不眠症のことを「閉経時不眠症」呼び、「月経随伴睡眠障害」の一種です。

閉経時不眠症では、比較的長期間にわたって不眠の症状が継続することから、

慢性的な不安の症状やうつ病に発展することもあります。


閉経時不眠症は、数ヶ月~数年で自然に消えることが多いのですが、

不眠の症状がひどいときには、更年期に減少する「エストロゲン」と「プロゲストロン」を

併用投与する「ホルモン補充療法」が効果的です。

 

もう一つ考えられているのは、体内時計の加齢による変化です。

女性の体内時計は、加齢によって前にずれる(早くなる)傾向があります。そのため、

就寝時刻に変わりがなくとも起床時刻が早くなり、

この早朝覚醒によって睡眠への満足感が減少するというものです。

 

原因はよく分からないけど、睡眠に不満がある方は少し考えてみるとよいかもしれません。

 



 

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語