不眠解消情報局:トップ > 高齢者 不眠
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

高齢者 不眠

一般に、高齢になるにしたがって、不眠を自覚することが多くなります。

特に、朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」や、

夜中に目が覚めてしまいそれから眠れなくなる「中途覚醒」が多くみられます。

そのため、高齢になるほど睡眠薬を飲んでいる人の割合も高くなります。

 

一方、睡眠薬には様々な種類があり、副作用もあるので、

自分の眠りの状態に合った薬なのか、

薬の量が自分の体に合っているかどうかが大変重要になってきます。

また、睡眠は生活習慣によって大きな影響を受けるので、

生活自体の見直しも重要になってきます。

 

睡眠薬は、うつ症状を引き起こすことがあります。

また、うつ病の治療のために一時的に睡眠薬を使うことがありますが、

逆に不安を引き起こすこともあります。 

 

高齢者における睡眠薬の副作用として問題になるのは、

薬が効いている時間に排泄に行きたくなって歩き出したり、

朝になっても薬の効果が残っていて、眠気のためにふらついたり転倒したりすることです。

そのため、高齢になるほど睡眠薬の服用は慎重にすべきなのです。

ですから、どの時間帯に眠れないのか、

どんなふうに生活しているのかなどを十分に伝えて、

処方してもらうことが必要です

 

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語