不眠解消情報局:トップ > 妊娠後期 不眠
妊娠後期の不眠の悩みは多くの方が経験します。
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

妊娠後期 不眠

妊娠するとやたらと眠たくなるのに、しばらくすると今度は眠れなくなるという話を

よく聞くと思います。これらはどうして起こるのでしょうか?

 

妊娠すると眠りに変化が現れるのは、ホルモンの働きによるものです。

妊娠初期3ヶ月は、「プロゲステロン」というホルモンの分泌が増加します。

これは一般的には「黄体ホルモン」とも呼ばれるものですが、

この物質の分泌量が増える事で、夜よく眠るようになり、

場合によっては日中耐え難い眠気が起こることもあります。

ところが、妊娠後6ヶ月頃になると、黄体ホルモンの分泌が少なくなり、

眠気がおさまってきます。ところが、妊娠9ヶ月頃になると、

今度は「エストロゲン」というホルモンの分泌量が増えてきます。

これによって、出産前の時期は夜の不眠が起こりやすくなります。

具体的には、深い睡眠が減少する、中途覚醒が増える、寝つきが悪くなるといったようなことです。


また、ホルモンの働きのほかにも、出産が近づいてくると、

どうしても精神的な疲れや不安が大きくなり、これが眠りを妨げてしまうこともあります。

さらに、お腹が大きくなることで寝る姿勢が制限される、腰痛がある、

胎動が頻繁に起こることなどから、なかなか寝付けなくなってしまいます。

その一方で、夜にまとまった睡眠を取ることができない影響で、

日中、強い眠気を感じるようになることもあります。

 

このような妊娠初期における過眠や、妊娠後期における不眠は

「妊娠随伴睡眠障害」と呼ばれるもので、

実はれっきとした睡眠障害の範疇に含まれるものなのです。

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語