不眠解消情報局:トップ > 認知症 不眠
認知症の症状として不眠(睡眠障害)が生じることがあります。
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

認知症 不眠

高齢者の不眠は既日リズム睡眠障害の一つであり、

アルツハイマー病や認知症患者となると、不眠に限らず、昼夜逆転現象、

徘徊、興奮、せん妄等などの異常行動まで発展する場合が多く見られるようになります。

したがって、家族の介護や、療養所での介護は一層重労働化してきます。

 

このような症状の背景にも、生体リズムの乱れがあることがわかっています。

その原因は、高齢者の不眠の原因を推し進めたもので、

昼夜を区別する時間的な手がかりが衰弱すること。

生体リズムを構成する中枢機構自体(生体時計)の

機能的な障害・衰弱があげられることなどがあげられます。

 

アルツハイマー患者への対策としては、

一般的な高齢者の不眠と共通で、昼間の活動量を増やしたり、

人・社会との関わりを多くすることが基本となります。

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語