不眠解消情報局:トップ > 統合失調症 不眠
統合失調症にはさまざまな症状がありますが、不眠が続くこともあります。
快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン

統合失調症 不眠

統合失調症はごく簡単に言うと、

脳の働きに異常が生じて幻聴などの幻覚や妄想が出現したり、

考えがまとまらない・興奮・不眠などの症状をきたす病気を言います。

 

特徴としては

・おおよそ100人に1人がかかる病気で、10才代後半~30才台前半で

 発症することが多いです。

・幻聴は、「おまえは最低な人間だ」などの不愉快なものが多いです。

・命令調の幻聴もあり時に逆らうことができません。

・妄想はさまざまであり、被害妄想・誇大妄想などがあります。

・病気であるという感覚のないことがしばしばみられます。

・頭の中が混乱状態になり時に興奮・不眠などが見られます。

・脳内の過剰なドーパミンという物質が、様々な症状に関係していると考えられており

・個人差はありますが、基本的には慢性に経過することが多い慢性疾患です。

・意欲がわかない・人前に出たくないなどの意欲低下・引きこもりが主な症状となることがあります。

 

病気の原因ははっきりとは分かっていません。

しかし、生まれたときには、すでに脳に何らかの障害があり、

その障害がストレスにより脳に変化をもたらし

その変化がある一定の量を超えると発症するという説があります。

 

一般的な治療法としては、

・神療法・薬物療法により症状軽減を図り精神の休養を図ります。

・精神療法・心理教育などにより病気への理解を深め症状に対する不安軽減を図ります。

・授産施設での職業訓練・共同住居での生活などにより社会復帰を目指します。

 

統合失調症は根性や気合で治るものではなく、立派な病気です。

この病気が原因での不眠は、様々な症状が出た結果に起こる症状ですから、

まずは原因を取り除いてやらなければ不眠を解消するのは

なかなか難しいのが現状です。


  


    

快眠アミノ酸グリシン配合サプリはこちら
今すぐ見る クリック♪休息サポートサプリ ネ・ムーン




不思議と眠れる♪圧倒的人気の抱き枕はこちら
今すぐ見る クリック♪12色から選べる 王様の抱き枕

IT用語